紀州龍神とは


「心、逢わせて」を合言葉に、よさこいを通じて和歌山に笑顔と元気をお届けしております!


紀州龍神

紀州龍神の結成は、2007年(平成19年)2月4日に、「第4回おどるんや ~紀州よさこい祭り~」に初参加することを目標に地元有志とともに踊りのチームを結成し参加したことが始まりです。翌々年には参加3回目にしておどるんや金賞(和歌山県知事賞)を、2010年には名誉ある『おどるんや大賞』も受賞しました。結成時より紀州龍神のコンセプトは、「よさこいで和歌山を元気にする!」です。この目的をベースとし、YOSAKOIソーラン系のスタイルを守り各地の伝統的な民謡を楽曲に取り入れ、「鳴子の音色」に込められた願いと喜びを踊りで表現し、エネルギッシュで迫力ある群舞や大道具・衣装などの舞台演出を自ら作り上げています。
「おどるんや ~紀州よさこい祭り~」参加チームの中で、大賞7回金賞3回の最多受賞チームであり(2018年現在)、紀州龍神らしさを大切にオリジナリティー豊かな作品は、県内外からも高い評価をいただき、年間30回を超えるイベント等の出演を行っております。更には、2014年には田辺支部も発足、北海道の「YOSAKOIソーラン祭り」をはじめ県外の祭りにも積極的に参加!常に新たな挑戦を続け、たゆまぬ努力を重ね、新たな感動と熱気で「ふるさと和歌山」を盛り上げて参ります。


紀州龍神ジュニア

紀州龍神ジュニアの結成は、2008年の「第2回わっしょい海南ソーラン 」への参加がきっかけとなり、紀州龍神メンバーの子供たちを中心に小学生以下で構成される『紀州龍神ジュニア』を発足させました。同年から紀州龍神がイベント等で演舞している作品を練習し、毎年「おどるんや ~紀州よさこい祭り~」で踊っています。子供達がよさこい踊りを覚え成長し、小学4年生になり晴れて紀州龍神へ加わり、現在ではたくさんのジュニア出身が大人チームで活躍するまでとなっております。まさに宝であり、力です。よさこいを通じて子供達に貴重な経験と踊る楽しさ学んでもらい、これからも紀州龍神ジュニアを充実させていく方針です。